NOMISHUGI

ついに 無駄な浪費をしないと

 

誓ったのに もかかわらず

 

昨晩 友人と飲みにいき

 

財布の中が すっからかんになる

 

という

 

阿 呆 っ ぷ り

 

本当に 良くないですよ

 

同年代の友人たちは

 

子供が生まれたり

 

住宅ローンを組んで家買ったり

 

粛々と 人生のステージを駆け抜けているなか

 

かたや 犬の囲まれて 二日酔い

 

うーん

 

情けない

 

文字だけだととても情けない

 

いや

 

実際の絵面も とても情けない

 

心を入れ替えましょう

 

明日から!!

 

Tanaka Tamago

 

MOYOU替え 転生編

日々の物欲にあふれていた私は

 

その正体に気づいたのです

 

結局 機材もソフトも

 

所有したいという欲求なのではないかと

 

この時点で

 

そうとう胡散臭い音楽家ですが

 

しかし 所有欲 というのはすなわち

 

部屋に自分の所有しているものを置いて

 

満足する

 

つまり

 

自分の部屋に満足したいわけです

 

するってえと

 

いっそ 今の部屋を

 

ガラッと替えてみて

 

あれ もう足りないもの ないね

 

と思うことができたなら

 

意外に満足するのではないか

 

という 結論に至りました

 

そして構想3日 実行1日で

 

模様替えを決行することになったのです

 

 

犬も心配そうに見守っております

 

しかし この浪費癖がついてしまった今

 

それを止めるには

 

あ 今 事足りてるじゃん

 

ということに自分が気づけるような

 

何かチェンジが必要なのです

 

途中 ノープラン過ぎる自分に

 

泣きそうになりながらも

 

無事 模様替えを終えました

 

 

あれ 結構良くないですか?笑

 

左のキーボードの後ろのコンポを置く台とかは

 

この機会に家にあるもので作ったりして

 

一切 この模様替えに関してはお金をかけないでやってみました

 

こういうとき 去年だったら100%

 

楽天とかで机買ってたと思うんですけど

 

意外とやれるもんですね

 

おかげで 今わたしは

 

0円で 物事を成し遂げる

 

というブームに突入することができ

 

浪費モードからは 一旦の決着がついたと思ってます

 

もしあなたも 何かの浪費癖がついてしまったのなら

 

模様替えをしろ!! と

 

言いたいです

 

自分の欲を ずらす ということが大切なんですね

 

というわけで

 

模様替えで体力使ったので もう寝ます

 

それでは

 

Tanaka Tamago

 

 

MOYOU替え 堕落編

まあこうDTMやってらっしゃる方はわかると思いますが

 

機材とかソフトとか

 

集めるのにはまっちゃうと

 

本当に結構底なしにいろんなものを買っちゃうんですよね

 

人によって

 

周期があると思うんですよ

 

例えば ハードにはまっちゃう時は機材をどんどん買うし

 

プラグインにはまっちゃうときはソフトをどんどん買うし

 

もれなく 私も

 

去年 どハマりしまして

 

プラグインとかだと セールの時期があるので

 

セールまで こらえて こらえて

 

さらに こらえて

 

あ 安くなった! と思ったとき

 

念願のワンクリック

 

お買い上げありがとうございました

 

となった あの瞬間が

 

気 持 ち い い

 

と感じてしまったのです

 

逆に ハードだと

 

セールなんてものはあんまやってないので

 

ほぼ 突発的に上がってくる

 

中古とか新古品の楽器屋さんの特価品を

 

狙うしかないのですが

 

それゆえに

 

自分がまさに欲しかったものが

 

突然 「掘り出し品!」みたいな感じで

 

グッド・プライスで出されてると

 

あれ 運命かな

 

なんておもって

 

15分くらい ウンウン唸って

 

念願のワンクリック

 

お買い上げありがとうございました

 

となった あの瞬間が

 

超 気 持 ち い い

 

と感じてしまうのです

 

まあ 低所得の人間がそんなことをしていると

 

ものの見事に すっからかんとなり

 

笑えない状態になるのですが

 

そんな方でも さらに欲しいものを買うことができる

 

システムを ご紹介いたします

 

カード・ローン でございます

 

もう だんだん話が危なくなってきてますが笑

 

とにかく去年は そんな散財が過ぎたので

 

今年はもう 何かいいことがあるまで買いません

 

と決めました

 

しかし そんな欲に溺れた人間が

 

急に更生することなんてできず

 

暇さえあれば また中古のネットショッピングを

 

徘徊していたりしていたのですが

 

金がない そんな人間が

 

策を練りだしたのです

 

(続く)

 

Tanaka Tamago

 

 

 

ローン地獄

数日投稿を休んだだけで

 

コメント欄に

 

ローンの勧誘が入るようになってしまった

 

かつ 英語!!

 

おほほほほほ

 

どこかで 私の債務状況など漏れているのでしょうか

 

ワールドワイドに

 

関係ないですが

 

ATMで引き落とししたときに

 

残高がえらい少ない時って

 

異様にその残高が見られていないか

 

後ろを気にする瞬間ってありませんか

 

僕だけですかね笑

 

あと 割と残高に余裕がある時

 

ATMで引き落とす際

 

少し 残高画面を表示する時間を長くしたりしませんか

 

うん

 

僕だけですかね笑

 

Tanaka Tamara

それだけじゃダメ

頑張った 努力した

 

そういう感想は とても収まりがいい

 

頑張っているんです 努力しているんです

 

そういう主張は とても伝わりやすい

 

しかし それだけじゃダメ

 

やっぱりきちんと 結果を出さないと

 

いつまでも同じステージにとどまってることになる

 

じゃあ どうするのか というと

 

まあ 頑張って 努力しなくてはいけないのだけれど

 

頑張るとか 努力するということに

 

すがりすぎてもダメだよ ということですね

 

くぁー 世知辛いぜ

 

Tanaka Tamara

ギターを弾くには

というわけで

 

前回まで 唐突にギター紹介をしておりましたが

 

その余波で こんな話をひとつ

 

僕は一時期 グレッチというアバズレ

 

いえ ハイエンドなギターを使っていたのですが

 

ある日 無くしました

 

まあ

 

正確にいうと覚えてないというか

 

酔っ払いすぎて

 

気づいたら 次の日 自分の家におりました

 

で あれ?

 

って思って その時こう思ったんですよね

 

ギ タ ー が な い ! !

 

まあ そんなこんなで

 

私は実家にあった ストラトキャスターを

 

使うようになったのですが

 

ストラトを使うようになってから

 

明らかにプレイスタイルが変わったんですよね

 

まず ストラトを弾いて鳴った音から

 

無意識的に 自分が思う

 

「ストラトでカッコいい音」

 

をどんどん探求するようになっていくなったんです

 

で そのとき「ストラトでカッコいい音」を弾いてる人の

 

イメージが 僕の場合ジミヘンだったんですよね

 

で 結果ジミヘンっぽい 音や楽曲をやり始めるという

 

ことになっていきました

 

このように ギタリストは

 

そのギターに合うような弾き方をするようになります

 

普通は こういう曲がやりたいからこのギターを選ぶ

 

っていう思考だと思うんですけど

 

その逆もしかり ということなんですね

 

なので大切なのは 「あ これ超かっこいいな」

 

っていうギターや楽曲をたくさん聴いておくこと

 

聴くっていうのはただ聴くのではなく

 

ヤバい!! 超かっこいい!みたいにときめくことですね

 

そういう経験をたくさんしておくと

 

いざ新しい楽器に出会った時も

 

スッと馴染みやすいというか 上達しやすくなると思います

 

そんなこんなで今日も ヤバい!!音楽と出会えることを

 

期待しております

 

 

Tanaka Tamara

ワールド・オブ・ギター 4 リトルマーチン

第4回目は アコギ参りましょう

 

わたくし お気に入りの

 

リトルマーチンちゃんです

 

 

もう 犬乗り出していますが

 

わたくし 常々思っていました

 

アコースティックギター というのは

 

胴体が でかい!!

 

 

そのため 私のようなザ・日本人体型だと

 

右腕のリーチがもってかれ

 

あばらにアコギの端が当たって痛い

 

だからあんまり好きじゃなかったんですよね笑

 

ただたまに弾き語りなどやるようになり

 

やっぱアコギ必要だけど なんかでかいよなあと

 

思っていたYASAKIに

 

出会ったのがこの リトルマーチン

 

もう一度 写真をみてください

 

ボディーが ほぼ コンタックと同サイズ!

 

もともとマーティンというのは

 

アコギの超一流メーカーでありますので

 

音もいい 頑丈 かつ ピックアップがついているので

 

ライブにもがっつりつかえます

 

今でも がっつり 宅録に使わせていただいております

 

これは昔から言っているのですが

 

楽器というのは 体型・体格に合わせて

 

正しいものを使うべきだと思ってます

 

どうしても海外で作られるものだと

 

欧米人に合わせたものになってしまうのですが

 

ギターもベースもミドルスケールなどあるように

 

もっといろんな規格をみんなが使ってもいいと思うんですけどね

 

ま 音が変わっちゃう部分があるのであれなんですが

 

でもリトルマーチンはいいんです かわいい

 

今後もこやつと一緒に作品を作っていきたいと思います

 

ではまた ギターシリーズはどこかでやります

 

Tanaka Tamara

 

 

 

 

ワールド・オブ・ギター 3 レスポール

というわけで 第3回目

 

レスポールでございます

 

 

またも犬が下方におりますが

 

レスポールといえば

 

やはり ハードロック メタル といった

 

ぶっとい音を想像しますね

 

確かに その通りで 持ってみると重い笑

 

レスポールというのはボディからネックまで一本の木で

 

作っているらしいです

 

なので落としても壊れない 頑丈 強い!!

 

タフなギターというわけですね

 

まあそれはさておき

 

レスポールの音というのは もうロックするために

 

作られた といっても過言ではないくらい

 

歪ませると 超カッコいい音がします

 

弦を高い音から低い音に指をすべらせて

 

ブーン という音を出す

 

グリス という弾き方があるのですが

 

ここぞ というフレーズの前に

 

これが決まるとかっこいい

 

ストラトでももちろん歪ませれば

 

ある程度の迫力は出るのですが

 

やはりレスポールの方が全然かっこいいんですよね

 

粘りのある音が出るというか

 

だから 事あるごとにブーン ブーン やってましたね笑

 

で ロックだけではなく

 

その音の太さを生かして

 

ジャズっぽい曲を打ち込みで作る時も 使いました

 

いいギターですね

 

重いんですけど笑

 

というわけで

 

本日はこんなところで

 

Tanaka Tamago

 

 

 

 

 

ワールド・オブ・ギター 2 テレキャスター

というわけで 第2回目は

 

テレキャスター でございます

 

 

また犬入ってますが

 

テレキャスターというと どんなギターかというと

 

私としては Jロック!というイメージなんですよね

 

おそらくですが

 

今 日本のバンドシーンの中で

 

一番使われているギターなんじゃないですかね

 

ジャンジャンとかき鳴らすときに

 

ちょっと鼻にかかった音というか

 

すごく抜けのいい音が特徴的なギターです

 

邦楽に多いギターロックのような

 

コードワークとアルペジオが多く出てくる楽曲では

 

ストラトよりやっぱりテレキャスの方が

 

爽快感というか 開放感が出しやすいですね

 

私もかつて そんなロキノン系の仲間入りをしようと画策し

 

テレキャスを携えてライブをやっていた時もありましたが

 

そもそも リフ中心とした楽曲が多かったため

 

全然パッとせず すぐケースにしまうようになりました

 

正直ですね 今でもまだ

 

ギターロック系の音が自分のテレキャスで出せてないんですよね

 

なんでだろう 壊れてるのかな?笑

 

 

ま どうしてもストラトと比べると

 

パワー不足になってしまうこともあるのですが

 

やっぱ 邦ロックといえば テレキャス!という

 

イメージもありますし

 

日本人にあった ギターというふうにいえるかもしれませんね

 

というわけで

 

また次回!

 

Tanaka Tamara

 

ワールド・オブ・ギター 1 ストラトキャスター

さてさて 本日から

 

我が音楽室に眠っている ギターを紹介したいと思います

 

ギターってどんな種類があるのかな

 

など 特徴なんかもお話していければと思います

 

まずは トップバッター

 

ストラトキャスターさんです

 

 

犬入ってますが

 

世の中で 一番有名なギターじゃないでしょうか?

 

エレキギター! と言われれば

 

なんとなくこの形のイメージと思い浮かべる人も多いかと

 

ボディの色も サンバースト というド定番カラーですね

 

まあ音的にもパーフェクト

 

もうほんとパーペキ

 

弦の音がしっかり繊細に出て かつ コシのあるサウンド

 

ポップス・ロック・ブルース・ジャズ なにをやらせても万能

 

はじめてのギターの一本にも 超おすすめですね

 

私もバンド時代から今DTMやるようになってまで

 

ほぼこのギターを使用してます

 

まあ 途中 グレッチとかいうアバズレに

 

完全に現を抜かしていた時期もありましたが

 

ストラトキャスターの特徴は

 

5段階のピックアップセレクターによる

 

音のキャラクターの多彩さであります

 

一番有名なのはフロント・ピックアップによる甘いトーンですが

 

僕はバンドではセンターを使ってましたね

 

一番 弦の感じがタイトに出るというか 音が抜けて、強いです

 

ハーフトーンのピックアップはロックバンドで使うと

 

どうしてもパワーが足りなかったのですが

 

打ち込みだったらなんとでもなりますし

 

今の方がより ストラトを十分に使い込んでるかもしれません

 

これからDTMやる人にも 超おすすめです

 

んで一見同じような見た目ですが

 

木の材質によっても音が変わります

 

木は胴体部分のボディと

 

竿部分のネックの2つからなっていますが

 

この 竿部分の木でも結構音が変わるんですね

 

 

僕のストラトは 真ん中の薄い茶色の

 

メイプルと呼ばれる素材で

 

軽快で抜けのいい音が特徴です

 

反対に一番上の濃ゆい茶色は

 

ローズウッドと呼ばれる素材で

 

これがまた重厚感があって色気のある音なんです

 

僕もローズウッドのストラト欲しいんですけどね

 

犬売って ギター買おうかな

 

もちろん 嘘です

 

失礼しました

 

というわけで本日はここらへんで

 

Tanaka Tamago