土鍋タイムス 前編

私は白米が大好きなので

 

毎日 土鍋でご飯を炊いています

 

ということを言うと

 

うちもそうですよ という人もいれば

 

えっ 面倒臭くないですか という炊飯ジャー派の人もいる

 

たしかに わたしも昔は

 

炊飯ジャー派でしたが

 

3年ほど前に 土鍋の素晴らしさを体験してからは

 

もう 土鍋以外では 米は炊けない!

 

と ズブズブの関係に至っております

 

そんな土鍋の素晴らしさをお伝えすることで

 

土鍋を使う方が少しでも増えたらいいなと思い

 

筆をとらせていただきました

 

まず 土鍋との出会いですが

 

たしか  Get Navi とか 日経TRENDY などの

 

いわゆるモノ系雑誌を

 

コンビニで立ち読みしていましたら

 

(そういえば今って本当にコンビニで

 

立ち読みできなくなりましたね)

 

批評家が選ぶ 炊飯器ベスト5という

 

コーナーがあり

 

なんとなく眺めていますと

 

ランクインしている御大は

 

なにやらえらい角ばってはる

 

炊飯器ばかり並び

 

え この角ばり 10万するんですか

 

と 驚きながら 読みふけっていたのですが

 

そんななか

 

堂々の炊飯器 第1位は

 

土鍋(¥4000)でした

 

まじすか と思いつつ

 

批評家のコメントを読んで見ると

 

「やっぱり土鍋には敵わない」などと

 

スタンディングオベーションの模様

 

あの 角ばり達が

 

最新鋭の技術を纏い

 

オラつきながら10万円で販売されているなか

 

炊飯器 第1位は

 

土鍋(¥4000)

 

私はその記事をみて

 

単純に土鍋のことを

 

こう思いました

 

超 か っ こ い い

 

 

そして 人生初めての土鍋に

 

 

チャレンジするに至ったのです

 

(続く)

 

Tanaka  Tamara